#写真にまつわるetc.

写真が趣味です!被写体→子供、日常スナップ、花、風景等です。主に富士フイルムのミラーレスカメラやライカ(フイルム)で写真を撮ってます。日常の写真やカメラ、レンズの特徴など紹介して行ければと思います。

少し(いや、かなり)トキメキ

 

今回はまぁまぁ本気でカメラの話。

 

f:id:p-b-4:20210416194147j:image

X100V

 

 

本日SIGMAのfp Lが発売となりました。

 

2年前にfpが出た際は特に意識してませんでしたが、今回は何故か少し気になる、、、

 

理由は何となく、いや、十中八九解っている。

マップカメラのレビューを見た(見てしまった)せいだ!!

 

しかし、個人的にはfpはあまり売れてないのかな?と思っていましたが、今回のLは外装はfpの物そのままに画素数と、その他少しだけ改良されたカメラとなっており、メーカーも今回はfpの後継と言うよりは、SIGMAフルサイズカメラのツートップと仄めかしている事から、暫くこの2台のカメラを軸にLマウントを展開していくのだろうと想定する。

 

そこまで意気込むSIGMAなのだから例えFoveonでなくベイヤーセンサー&ローパスフィルター有り等、尖ったポイントが無いにせよ、私も乗ってみようかと言わざるを得ない。

 

 

思えば、キヤノンの一眼レフを使用していた(10年程前)頃からSIGMAのレンズは好んで選んでおり、50mmF1.4などは未だにお気に入りレンズでもあるし、Foveon製センサーの通称[当たれば特大ホームラン]のDPシリーズには随分楽しませてもらった。

 

それと

made in japan

made in Aizu

に拘り続けるSIGMAを応援したい気持ちも私には備わっている。

 

 

と言う事で、早速実機を観に行ってきた。(こんな行動力が今のオレにもあったのか、、、と思う。笑)

 

店のカメラコーナーに行くと、当然のごとく隣にあったfp Lとfp 見た目は同じでシンプルな四角形。そして本当にフルサイズ?と言わんばかりの小型サイズ。

やっぱりサイズは重要だと思います。

 

↓お約束の店内試し撮りを追加

アスペクト比は全部、1:1です。

f:id:p-b-4:20210416214414j:image

 


f:id:p-b-4:20210416214418j:image

 


f:id:p-b-4:20210416214424j:image

↑新カラーモードのデュオトーン

多分使わん、、、

 

あと21:9でも撮ったのですが、手持ちのX100Vに入っていたSDカードに保存してX100Vでスマホと通信するも画像が表示されない。。富士が21:9に対応してないからかなぁー。

 

 

あと、fujifilmのX-Proシリーズ等レンジファインダー型スタイルの見た目がストライクな私にとって各社フルサイズのミラーレス一眼ってあまり惹かれる物が無かった。

 

まぁ、もしフルサイズを買うなら、一応他のメーカーも比較しないとなぁ。と様々な機種を見ました。

 

各メーカーのカメラを一通り見て、機能的には各社ヨダレが出るほど羨ましかったりするものばかりなのですが、私にはそれ以上にカメラ本体のスタイルが重要である事を再認識させられ。。。

 

やっぱ1番シンプルなSIGMA

と思った訳です。

まぁスタイル的にはやはりライカが好みですが、価格が、、、ねー。笑

 

話戻って

あと、レンズが凄くカッコ良くなってビビった。

Iシリーズと言ってfpにとても良く似合いそうな、金属とガラスが詰まってズッシリとした素晴らしい質感で、欲しくなるクオリティーだった。(4本共)

絞りリングも全て付いててホンマ最高!!

 

シグマ 24mm F3.5 DG DN ライカL用

シグマ 24mm F3.5 DG DN ライカL用

  • 発売日: 2021/01/22
  • メディア: エレクトロニクス
 

↑とにかく、開放 F値を抑えてコンパクト。

 

35mm F2 DG DN ライカL用

35mm F2 DG DN ライカL用

  • 発売日: 2020/12/18
  • メディア: エレクトロニクス
 

焦点距離的には1番はコレかな?

APS-Cの23mmレンズに比べて、パースがつかないフルサイズの35mmは程よい距離感で撮影できるし大好物。



DP2焦点距離で、fpのキットレンズ。

そーとーSIGMAは気合い入れて作ったと思います。

 

 

65mm F2 DG DN ライカL用

65mm F2 DG DN ライカL用

  • 発売日: 2020/12/18
  • メディア: エレクトロニクス
 

ポートレートに良さそう。

ニューカラーモードのパウダーブルーと組み合わせて使いたい。

 

4本共デザインが洗練されている。

 

噂のある富士Xマウント用のレンズもこのクオリティーで宜しくです。

 

 

気に入った点

・ボディとレンズのサイズ

・富士のフイルムシミュレーションに匹敵するカラーモードの豊富さ。

・高画素による最大5倍の画素補完無しのクロップ撮影。

(24mmの単焦点レンズで、約35mm、50mm、60mm、120mm)

・ボディの小ささを生かすため、超小型のMマウントレンズをアダプターで運用できる。 ←  1番重要かも

 

↓これか

↓これが欲しい

 

 

と、色々妄想が膨らみましたが、、

 

とりあえず今日は冷静にカタログを持ち帰るだけに留めた。

 

んーー

価格がなぁ。

最悪fpの感触も悪くないし、値段の小慣れたfpレンズキット行っとくか?

 

シグマ FP L デジタルカメラ

シグマ FP L デジタルカメラ

  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

悩む悩む悩むーー

いずれにせよポチりそう(^^;;

 

 

f:id:p-b-4:20210416194236j:image

X100V

 

もー少しサクラで

今年の桜は、満開間近の大雨で同じ木でも時間差がかなりあって咲いて散ったイメージ。

 

満開の時期は短かったけど、7部咲きと3部散りの様な時期が長く、完璧主義者以外の人には意外と長く楽しめたのかなぁ?と思っています。

 


f:id:p-b-4:20210413234153j:image

 



f:id:p-b-4:20210413234128j:image

 



f:id:p-b-4:20210413234144j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210413234157j:image

やっぱり桜好きだなぁ。

三重まで小旅行 inおかげ横丁

前回の続きで、伊勢神宮を参った後に定番のおかげ横丁で食べ歩きです。

 

なにせ全員、今回の1番の楽しみは食べ歩きですから、、、笑

 

テンション上がっております。

 

f:id:p-b-4:20210408192213j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192152j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192148j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192217j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192132j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192144j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192204j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192155j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192200j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192208j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192042j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192137j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408194633j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192128j:image

 

 


f:id:p-b-4:20210408192141j:image

 

ちなみに写真の時系列が真逆になっており、伊勢神宮を出た後はソフトクリームと松阪牛炙り握りの写真からスタートしました。↑

 

毎度の事ですが、食べ歩きというか食べ物屋さん巡りになってしまい、必要最低限の歩数で食べまくりしてしまうのでカロリー摂取量が消費量より大分上回ってしまいますが、、、

 

楽しいので良しです!

 

 

その後伊勢を出て、言ってるそばから晩御飯として松阪牛で有名な松阪市焼肉屋に寄りました。

 

一升びん 宮町店

f:id:p-b-4:20210411231255j:image

もちろん焼肉です。

 


f:id:p-b-4:20210411231251j:image

しかも、こちらの店舗は回転寿司ならぬ回転焼肉です^_^

 

美味しかった〜

 

 

その後、温泉へ立ち寄り帰りましたとさ。

 

一日中食べてばかりの良い小旅行となりました。

 

おしまい。

 

三重まで小旅行 in伊勢神宮(内宮)

少し前になりますが春休みの事。

 

せっかくの春休み。子ども達は旅行がしたかった様ですが、なかなか。。。

 

気分だけでも、という事で伊勢まで日帰りで行っで参りました。

 

まずは、朝イチで伊勢神宮へ向かいました。

 

f:id:p-b-4:20210408010336j:image

娘は木からパワーを頂きます。

(以前、じーちゃんが木に手を当てて同じ事をしてたのを積極的に真似してました)

 

 


f:id:p-b-4:20210408010247j:image

すごい生え方。

 

 


f:id:p-b-4:20210408010301j:image

これはカメラ傾け過ぎて、少し気持ち悪い笑

 


f:id:p-b-4:20210408010319j:image

射し込む光まで神々しい。

 

 


f:id:p-b-4:20210408010254j:image

一つ一つの木のスケールが大きい。

 

 


f:id:p-b-4:20210408010308j:image

娘が自撮りしてました。

 

 


f:id:p-b-4:20210408010324j:image

この木は見た中で最大でした。

どうすればこんな大きくなるの?

 

 


f:id:p-b-4:20210408010331j:image

新緑ベルビア。

 

 

 

↓2枚は娘の撮影
f:id:p-b-4:20210408010313j:image

伝説のトリ

 


f:id:p-b-4:20210408010343j:image

伝説のニシキゴイ

 

どちらも「伝説」と言って撮影してました。笑

 

「伝説って意外と簡単に出てくるな〜」と思いました笑

早朝の水口岡山城 その②

前回の続編。

 

朝日もだいぶ昇り、程良い光線が木々に差し込む時間になりました。

 

f:id:p-b-4:20210409195752j:image

まず、最初にこの場所を見下ろした時、「楽園」の2文字が頭に浮かんできた。

 

 

f:id:p-b-4:20210409195825j:image

落ちてるビビットな椿をvelviaで撮りがち。

 

 

 

f:id:p-b-4:20210409195843j:image

またまた、落ち椿。

 

 

f:id:p-b-4:20210409195913j:image

先ほどの「楽園」を35mmのクラシッククロームで。

 

 

f:id:p-b-4:20210409195938j:image

やっぱり14mmに交換。

説明的な写真にしてしまう。

 

 

 

f:id:p-b-4:20210409200338j:image

花びらのカタチが芸術品。

 

 

f:id:p-b-4:20210409200015j:image

生死が背中合わせ。

 

 

f:id:p-b-4:20210409200039j:image

こちらはフレッシュな白い椿。

とてもキレイな一輪。

 

 

f:id:p-b-4:20210409200058j:image

もう少しハイキーに。

 

 

f:id:p-b-4:20210409200115j:image

朝の光が創る陰陽のアート。

 

 

f:id:p-b-4:20210409200136j:image

山の桜は生命力に満ちている。

 

 

f:id:p-b-4:20210409200207j:image

下山。お疲れ様でした。

 

 

朝陽を浴びると木も花も人間も元気になりますよね!?

 

この日はとても早起きでしたが、その後昼から夜まで桜三昧な一日になりました。

 

FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF14mmF2.8 R

FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF14mmF2.8 R

  • 発売日: 2012/12/31
  • メディア: エレクトロニクス